振り込みの手続きは、手数料がかかってしまう事もあります。たいていは数百円ぐらいの手数料がかかりますが、何回も振り込みをしますと、合計額はかなり大きくなってしまう傾向があります。ですからアービトラージの取引をするなら、ネット銀行の口座を活用する方が良いでしょう。

取引所に登録する銀行口座は自由に選べる

アービトラージの取引をするなら、もちろん取引所にはお金も入れておく必要があります。基本的には、取引所に銀行口座を登録する事になります。登録する銀行は自由に選べます。普段よく使っているメガバンクの口座を登録している方も少なくありません。
メガバンクでなくても構いません。大手のネット銀行の口座を登録して、取引に活用している方も多いです。どちらにするかは、本人が選べる訳です。
ネット銀行は、とても便利なサービスを提供しています。ネット銀行同士で振り込みをしますと、手数料も無料にあるのです。同じネット銀行を使用することが条件になりますが、数百円ぐらいの手数料を節約できるのは、とても便利です。

回数が多くなると手数料総額も高くなる

ところでアービトラージは、基本的には売買を何回も繰り返していく事になります。1日に数回以上売買する事も、珍しくありません。いわゆる長期取引とは異なり、ある意味デイトレのようなスタイルになります。
それだけにアービトラージは、取引回数も多くなります。もしも1ヶ月に10日ぐらい取引して、1日に4回ぐらいはアービトラージで取引するなら、1ヶ月40回ぐらいは売買する事になるでしょう。それだけの回数になると、上記の手数料は決して軽視できません。
実際、取引所によっては200円前後の手数料がかかります。という事は、1ヶ月につき8,000円ぐらいの手数料を支払う事になるでしょう。それは少々もったいないです。

登録する口座はネット銀行がおすすめ

ただ上記でも触れた通り、取引所に登録する銀行口座は選ぶ事ができます。メガバンクにするよりは、やはりネット銀行で登録する方が良いでしょう。
というのも取引所にネット銀行の口座を登録しておくと、手数料が無料になる事が多いからです。上記のような8,000円の手数料を節約できる状態になりますから、やはりネット銀行の口座を登録しておくに越した事はありません。
ちなみに注意すべき点もあって、ネット銀行によって手数料の無料回数は異なります。1ヶ月に数回限り無料になるネット銀行もあれば、回数無制限の銀行もあります。各行の無料回数は、よく確認しておくと良いでしょう。