バーチャル通貨には、旧来の円やドルといった現実の法定通貨を使用する以上の良い面があります。そんな訳でバーチャル通貨の持つ優れた5つの長所(送金のスピード・手数料・出資額・取引時・市場性)について、未経験者の方にもわかりやすくご解説します。現金を土台にした金融体系では、銀行預金者の引き出しに準備て多額の現金を準備する必須があり、金庫やATM、各支店などの施設が必須です。それにより各種手数料が割高になってしまいますが、仮スピーディーに送金可能なのも、バーチャル通貨の良い面です。相手が個人でも会社でも、送金先の情報を送ってもらい、取引所を介して送金額を入力するだけで、相手先に送金ができます。銀行振込のケース、時帯によっては翌日の着金になる事がありますが、バーチャル通貨は相手先に直接送金するため、一例を挙げればビットコイン(BTC)の事例は、数十分で送る事ができます。

想通貨ではそれらの施設が無用であるため、手数料を格安にできます。外国送金の時、一般の銀行が数千円程度の送金手数料や為替手数料などが必須であるのに対して、バーチャル通貨なら数百円の手数料のみで済みます。
バーチャル通貨は、需要と供給のバランスによっていつも市場ありがたみが変化しているため、出資対象にもなっています。色々なバーチャル通貨がいくつもの取引所で売買されていますが、その多くは最低取引プライスが低く、数百円から出資する事ができます。証券取引所での株式などの取引は、普通に平日昼間だけしかできません。外国為替証拠金の取引も日曜は休みというのが一般的です。

ところがバーチャル通貨の取引は、24時365日、休む事なく取引ができます。平日は業務に行き、夜だけ取引をしたり、あるいは週末を取引の時にあてたりという出資の仕方も、バーチャル通貨ならできるです。認知度が高まってきたとはいえ、日本でバーチャル通貨はまだまだ俗に拡大しているとはいえません。その見込みにいち早く気付いた人だけが扱い、出資対象としているのが現況です。ただし、数々の良い面を持つバーチャル通貨には、大いに高い今後性があります。すでに、2016年にはバーチャル通貨に関連する法整備がなされ、2017年には財源決済法(財源決済に関連する法律)が改正され、バーチャル通貨法(第三章の二 バーチャル通貨)が付け足しされました。バーチャル通貨が決済手段として認められ、各種電子マネーのように、多くの人がごく自然に使用するご時世が遠からずやって来るでしょう。

そうした未来性の高さも、バーチャル通貨の大きな良い面です。だからこそ、実際のうちにバーチャル通貨を認識し、送金や決済、出資などの形で使ってみて、バーチャル通貨がどのようなものかを習得しておく事が大切なのです。バーチャル通貨を出資対象として見た時、代金の移り変わりが忙しく、更に変化奥行きが大きくなりがちです。これは、特定のバーチャル通貨に限った事ではなく、総体的な性質といえます。株式でも、急激に株価が上下する事はあります。画期的な発明を果たした会社の株式が高騰したり、反対に信用を損なうような事件や事故が起こると急落したり、という事は現実に起こっています。