株式会社フロンティア吉田一昭のテックサイン(Tech Sign)という副業ビジネス!

株式会社フロンティアのTech Signは詐欺か?本物か?!

仮想通貨で安定収入 株式会社フロンティア

仮想通貨と聞くと少し怖いものと思う方もいるかもしれませんが、仮想通貨で安定して稼げるとしたら!?

仮想通貨でもしっかり安定した収入を狙うことが可能なのです。
仮想通貨=大金が必要ではありません。
少額からスタート可能!!

それが株式会社フロンティアの【TechSing(テックサイン)】なのです。
インターネットビジネスでの副業が当たり前になりつつある現代です。
インターネットを開くと、さまざまなインターネットビジネスを目にします。
一体どれを信用していいのかわからないという方は必見です。
フロンティアさんではこの【TechSing(テックサイン)】という魔法のようなシステムを使うことで安定収入を実現させています。

代表の吉田一昭さん考案の【TechSing(テックサイン)】とはどのようなシステムなのでしょうか?

【TechSing(テックサイン)】とは!!

収益が出せるタインミングをメールやラインで告知してくれる素晴らしいシステムなのです。
仕事の合間や家事の合間でもお手元のスマートフォンやパソコンをチェックするだけ!!
初心者でも簡単に扱うことができるシステムなのです!!

ひとことに仮想通貨といっても様々な収入の取り方があります。

トレードで稼ぐ!!
アービトラージで稼ぐ!!
長期的にコインを保有して稼ぐ!!

さまざまあります。

しかし株式会社フロンティアの【TechSing(テックサイン)】はお手軽にしかも即収入となっているので安心して安定収入を狙えます。
先にもいいましたが少額からのスタートも可能!!

株やFX、不動産投資はある程度、まとまった資金が必要になります。
しかも情報収集ができなければあっという間に投資金額がとけてしまいます。

とても素人が片手間に始められるものではありません。
貯金がない人は投資で貯金を作りたい人には大きな元手が必要になるのでこれでは本末転倒です。
少ない資金から投資金を10倍20倍と増やす都合のよい投資なんてそうそうありません。

しかし近年では仮想通貨が注目を浴びているのはご存知でしょうか?

仮想通貨は2009年頃にアメリカで交換レートが提示されました。
当時の1ビットコインの価格は日本円で1円以下でした。
2010年頃にはアメリカではじめてビットコインが現実の店舗で決済に使われました。
当時はピザ一枚に対して約5000ビットコインというもので現在の価値に計算すると25憶円程になるものとなります。
このときにビットコインを購入しておけば…

しかしビットコインだけが仮想通貨ではありません。
アルトコインと呼ばれるビットコイン以外のコインが少なくても1000種類以上あると言われています。
アルトコインの代表で一番知名度が高いものといえば【イーサリアム】だと思います。
イーサリアムはビットコインに比べてブロックの生成時間が圧倒的に早く、ビットコインでは数分かかるのに対して、数十秒なので利便性がとても高いコインとなります。

【リップル】も有名なコインですね。
リップルはビットコインとはそもそも開発の意図が異なり、銀行システムや通貨システムを効率的にしたい、という意図で開発されたといわれています。
国内外問わずさまざまな企業がいま仮想通貨投資に対して敏感になって、スポンサーになる企業も増えています。

しかし日本ではまだ仮想通貨があまり浸透していないという現実もあります。
当然言葉だけは聞いたことがあっても用途がわからない人が多くいるのではないでしょうか?
アメリカではすでに現実の店舗で仮想通貨の決済な店舗が急増しているのです。
今の日本ではまだ仮想通貨はあくまで仮想の通貨という認識が高く、一般流通は難しく、現実世界で支払できる店舗はまだ少ない状態です。
しかし公共料金(電気、ガス)などの自由化によってこれまで参入できなかった民間企業が他社との差別化を図るために仮想通貨での支払いを受け付ける企業も増えてきています。
このように日本でも仮想通貨での支払いを公共料金などで行うことで一般流通を狙っているのかもしれませんね。

地方ではまだまだかもしれませんが東京や大阪などの主要都市では飲食店などでも仮想通貨での支払いが増えてきているというのも耳にします。
ビックカメラではビットコインでの支払いが可能なのは有名ですね!!
一時期バブルのような盛り上がりから少し落ち着き、実用的に活用できるように日本でも仮想通貨の価値や存在が高まってきているように思えます。

これが日本もみならず、全世界で仮想通貨が一般流通すると完全に利用価値が上がることが予想できます。

実は今が仮想通貨ビジネスに取り組む最大のチャンスではないかと思うのです。

先にもありますが株式会社フロンティアの【TechSing(テックサイン)】というシステムを使ったビジネスは今後多いな波紋を呼ぶことになると思います。
投資ビジネスになるので本来リスクはあるものですが、【TechSing(テックサイン)】を使うことで安定の収入を得ることが出来るのです。
お金の無い人でも仮想通貨は少額から投資することが可能ですし、この【TechSing(テックサイン)】というシステムがついていれば、まさに『鬼に金棒』状態です。
しかも初心者にも優しく『安心サポート』というものはしっかりあります。
『インターネットビジネスはよくわからない』
『過去に騙された』『インターネットビジネスは詐欺』
などというネガティブなことを耳にしますが、こちらのフロンティアさんは間違いないといえるでしょう!!
まずは仮想通貨の仕組みを理解することが必要となるでしょう。
今後さらにグローバルにな社会へと進んで、国境が関係ない仮想通貨は世界共通の通貨になることは目に見えています。
取り組むなら早いほうがいいと思います。
価値が上がってからでは遅いのです。
2017年12月には1ビットコイン200万円と高騰し1月に発生したNEM流出事件で一時暴落しましたが、また価格が上昇し80万~100万円くらいを推移しています。
仮想通貨に投資することは大きな利益が見込めます。
まずボランティリティの高さです。
ボランティリティとは金融業界の用語では「時間の経過で価値が変動するか」となっています。
たとえば円やドルが為替では一日に5%の変動を繰り返すだけで世界は混乱すると言われています。

しかし仮想通貨では5%動いても普通ですし10%と近く上昇するのもザラにあります。
特に草コインと呼ばれるまだマイナーなコインでは一日に100%や500%の上昇というのもよく耳にします。
仮想通貨は夢があり、そしてもっともリスクの少ない投資ビジネスになるでしょう。

株式の場合はストップ高(安)といって一日の変動に制限がありますが、仮想通貨には制限がなく短期間で大幅に上昇することも多々あります。
大きな波に乗れば利益を大きく取ることが可能です。

しかも仮想通貨は基本24時間取引が可能になります。
株は月曜日~金曜日AM9時~15時となり。
FXは日曜日が取引不可能です。
なので株やFXの投資に比べ長く取引することが可能なので現実的に稼ぐことができます。
仮想通貨のいい例としては
2017年の8月お盆は株式市場が休場している間に、資金が仮想通貨に流れ込みビットコインがの市場が活性化したことで大きく価格を上昇させたということがありました。

仮想通貨はまだまだこれからなのです。

『安全に資金を運用したい』 『インターネットビジネスで稼ぎたい』
『副業で稼ぎたい』 『在宅ワークを探している』

そんなかたは株式会社フロンティアの【TechSing(テックサイン)】を使ってみてはいかがでしょうか!?

地方公務員をしている私が(もちろん副業禁止)仮想通貨初心者なのにガッツリ利益を出す方法を皆さんに少しだけ教えちゃいます!
今世間を賑わせている仮想通貨!みんながビビってるオリンピック前に波に乗るのが最適?!

皆さんは仮想通貨ときいてどんな印象を持たれますか?
なかでもビットコインが有名どころですね!
仮想だから実態がわからない!とか
知らない間に価値が上がってた!(下がってた…)など
聞いたことがあるけど、わからない!って方も多いのではないでしょうか?
もともと私もそんな感じの認識でしたが、数年前に数十万円で買ったビットコインが忘れたころに倍以上に値上がり、自分でもどうしていいかわからず色々ネットの情報を漁っていたんです。(だから私は仮想通貨に詳しいわけでは決してないですw)

そして、以前の私のように仮想通貨やビットコインは知っているけれど、アービトラージ(アビトラ)は初めて聞いた!なんて方も少なくないはずです。

【仮想通貨のアービトラージ(裁定取引)とは】
仮想通貨を扱うたくさんの取引所の中で生じる「価格の差」を利用して利益を目指す投資方法なんです。

とっても簡単に説明すると、価格が安い取引所で仮想通貨を購入し、別の取引所で買った時より高い金額でそれを売る!

たったこれだけのことです!

例えば1コインあたり100円の価格差が生じている場合、100コイン分をアービトラージを行うことで100円×100コイン=10,000円分の儲けになっちゃいます。

「どうして同じ種類の仮想通貨なのに、取引所の間で価格差ががあるの?」と疑問に思いますよね!

例えばドル円のレートが100円だったり110円だったりと変わるように、仮想通貨も、需要と供給のバランスで価格が決まるんです。

つまり、各取引所の中で需要と供給のバランスが異なっているので、同じ種類の仮想通貨でも価格に差が生れるという仕組みです。

FXや普通の仮想通貨のレバレッジ取引などの手法と比べ、比較的低いリスクで儲けを狙える点が、アービトラージの魅力です。そして、仮想通貨の価格差だけを見ればいいので初心者でもわかりやすいのも利点です。

かくいう私も、手持ちのビットコインが値上がりしていた事に気づくまで、取引所によって金額が変わるなんて思ってもいなかったのです…手持ちのビットコインを少しでも高く売ろうと取引所をいくつも開設したのがアビトラを始めるきっかけでした!
これを続ければ、どんどん利益が少ないリスクで増えるんじゃ?と気づいてしまったのですw

しかし、短期取引なのでリスクが少ない分、各取引所の価格差を一日中チェックしていないと、いつ価格差が大きくなるか把握できませんよね…スマホやPCと一日中にらめっこしてチャンスを待つ…なんてどんな暇人でも難しいです。数日は仕事中もソワソワしながら価格差をチェックしていたんですが、その間にも価格が変わるので素人には無理なのかな~なんて諦めてました…

 

 

 

転職先として検討されている事も多いネットビジネス

会社勤めをしている方々は、たまに転職を検討しています。労働時間や場所などに関する負担が大きいので、転職を考えている方も少なくありません。その場合、ネットビジネスという選択肢もあります。上述の悩みが解消されるケースも多々あるので、前向きに検討している方も多いです。

転職を検討する主な理由

企業によっては、労働時間が非常に長いことがあります。毎日のようにサービス残業になってしまい、悩んでいる方も少なくありません。事実、労働時間があまり長くなってしまえば、体調も悪くなりかねません。
そうかと思えば、毎日出勤している場所に関する悩みもあります。自宅から片道90分ぐらいかかる勤務地ですと、出勤するだけでも大変です。もっと近い職務に転職したいと思っている方も、少なくありません。
また人間関係で悩んでいる方も多いです。職場の人間関係が色々複雑なので、転職を検討している方も大勢います。

ネットビジネスの魅力とは

ところでネットビジネスであれば、基本的に上記の点は問題ありません。例えば労働時間ですが、それは自分の好きなように調整する事はできます。記事ライターというネットビジネスがありますが、基本的には完全出来高制になるので、好きな時間に働く事ができます。アフィリエイトというビジネスにしても、時間帯は自由です。
それと場所ですが、ネットビジネスなら自宅で問題ありません。インターネットに接続できる場所なら、基本的にはどこでも構いません。自宅だけでなく、喫茶店や駅構内などでネットビジネスの作業をする事も十分可能です。
ネットビジネスには、人間関係に関するメリットもあります。少なくともそのビジネスに転職すれば、人間関係はゼロにリセットされるでしょう。またネットビジネスは、自分1人で作業する事もできます。煩わしい人間関係もありませんから、比較的気楽に働けるという声も多いです。

大きな収入を稼げる可能性もある

しかもネットビジネスであれば、大きな収入を稼ぐことも十分可能です。上述の記事ライターという仕事にしても、大量の記事を書く事ができれば、それに応じた収入を稼ぐ事もできます。アフィリエイトも、売れ行きが好調なら十分稼ぐ事もできます。
ですから会社勤めをしている方々は、しばしばネットビジネスへの転職を検討しています。もちろんネットビジネスも、努力は必要です。しかしそれ以上のメリットもあるので、転職を前向きに考えている方も少なくありません。

 

 

私は過去に仮想通貨で失敗しました。
しかし失敗だけではなく成功も当然あります。

5千円から始めた仮想通貨が数十倍になることなど全然ありました。

現代を生き抜くためには当然『お金』が必要不可欠になります。
太古の昔、この世に『お金』というものは存在していませんでした。
そこで『お金』というものが存在しない時代に生きていた人たちは、【物々交換】という手段を使って食べ物を交換したりしていました。
ですが、食べ物は長い間保存することが出来ない時代ですし、これでは不便だからということで、まずは【稲】や【貝】【石貨】などが現在の通貨の役割を担うことになります。

その後【金】にたどり着くことになるのですが、【金】とういうものを持ち運ぶのはとても重くて不便だったことから、一部のお金持ちが『両替商』という商売を始めます。
現在の銀行のルーツのような商売です。

そこへ【金】を持っていくと、『預かり証』というものをもらえるのですが、それなら紙なので持ち運びやすく、またそれを両替商のもとへ持っていくと【金】と交換してもらえます。
今のお札のようなものと考えていいでしょう。
ただいつの時代も悪いことを考える人がいるもので、実際の【金】がないにもかかわらず、『預かり証』だけを発行する両替商が現れ、預かり証を持っていっても【金】に交換できない事態が起こりだし、当時の政府がこの発行する権利を一つの銀行だけにしたのが現在の日本銀行だと言われています。

歴史からわかるように、お金というものはもともと存在していない時代があり、価値の交換が物々交換だったことから『便利に』価値の交換をするために生まれたものということがわかります。
さらに言うのであれば、人がその価値の数字を付けて価値の尺度をわかりやすくしたものということです。

つまりお金とは価値の交換を便利に数字で表したものということになります。

そもそも現在ある通貨もはじめは仮想通貨だったわけです。

しかし現在の仮想通貨は現在の通貨よりも優れている点が数点あります。
1・仮想通貨は24時間送金が可能。
2・仮想通貨は送金手数料が安い
3・仮想通貨は送金スピードが速い
4・仮想通貨は銀行を持たない人も利用可能
5・仮想通貨は資産の保全になる

仮想通貨の王様といえばやはりビットコインとなると思います。
ビットコインが広がる理由を見て、需要があることはおわかりいただけてると思います。
物の価値というのは需要と供給で決まり、需要が供給を上回ると自然と価値は上がっていきますが、ビットコインの発行上限枚数が2100万枚と決まっているので、世の中に広まれば広まるほど価値が上がっていくことが容易にイメージできるのではないでしょうか。

2017年日本でも仮想通貨法が実地され、実質的に決済手段の一つであることが認められことで、ビットコイン決済取り扱い店舗も急激に増えていますし、消費税もかからなくなりました。
これから仮想通貨での決済取り扱い店舗も30万店舗以上に拡大されるといわれています。

現在ビットコインは、仮想通貨の基軸通貨であり、ビットコインと交換しないといけない仮想通貨も多数ありますし、イーサリアムに関してはその技術からJPモルガンや、トヨタ、三菱UFJファイナンスなど、多くの企業が注目し参加しています。

リップルに関してもすでに銀行が送金を行うときに使う仮想通貨として利用されだしていますし、実際に需要が出てきている仮想通貨も多数存在します。
仮想通貨全体をみても2016年頃には時価総額1兆円規模になったといわれてたが2017年頃には10兆円規模を超えて現在も成長し続けています。

仮想通貨も現在ではしっかりとした通貨として認識されているのです。

【今からでも遅くはない】
仮想通貨の存在に早くから目を付けて投資した投資家も沢山いると思います。
おそらく彼らは投資金を数倍、数万倍と増やしたと思われます。
しかし今からでも遅くはないと私は考えます。
現に需要と供給があるのでなにも問題はありません。

5年後、10年後の自分が見えているか、教育界でいえば、大学もそうですが、現在日本では少子化がどんどん進んでいます。
これから5年後、10年後に大学というシステムがどうなるかおおよそ見えています。
文部省の方針からみても、学生を獲得できない力の弱い大学は廃止を余儀なくされるでしょう。
さらには、教える立場の人々が『反転授業』の存在を視野に入れているのか。
反転授業とは、現在の『講義をうけること』が主流の授業ではなく、教師が説明型の講義を動画として用意し、それを生徒が宿題として家庭などで観覧しておく授業のことです。
そして学校での授業では、生徒たちが予習で得た知識を応用して問題を解いたり、議論を行ったりすることで、実際の講義時間を減らすことができます。
教師が生徒一人ひとりに、よりきめ細かい対応をすることができるようになる半面、それを可能とする教師の技量も要求されます。
今からその準備が大学や教師たちにできているかどうか。
それも生き残りの分かれ道かもしれません。

仮想通貨はリスクがあると考える人も多数いると思います。
【リスクを取る】といううのは決して蛮勇の勧めではありません。
ただ闇雲のリスクを取れということではなく、大事なことは、いかに5年後、10年後の未来を先読みできているか、その力を養っているかということなのです。

今からでも遅くはないと私は考えます。
成功、失敗としましたがやはり『お金』というものは生きていくのに必要不可欠です。

 

株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)購入には多くのメリットがある

株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を購入することには様々なメリットがあります。自分が学びたいことに関して、情報がかなりまとまっています。
もし株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を、購入せずに情報を集めようとしたら、自分で1から調べることから始まります。ネットでは正しい情報だけでなく謝った情報も多くそれらを選別するのにも時間がかかります。株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を購入すれば調べる時間の短縮に繋がります。
また、基本的に株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)はかなりアドバイスが多く含まれています。こうした方がいい、こういったことには注意したほうがいいなどと経験談みたいなかんじでアドバイスが沢山含まれています。
すでにやったことがある人からのアドバイスはとても有益な情報となります。
株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を購入して勉強するときには、自分のペースで進めていけることもメリットになります。決まった時間がとれない人にとっては少しずつ進めていったりと自由にできることもメリットになります。
また、株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)にはネットや世間にまだ出回っていない情報がつまっていることもあります。貴重な情報を短時間で学ぶことができ、とても有益です。
また、株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を作成した制作者に質問できたりするものもあります。自分だけではどうしても解決できない場合などに活用することができます。一人でずっと悩んでいる時間は無駄なのでそうはいった時間も、省くことができることもあります。
また、人気の株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を購入することは人気の秘密を知ることができます。どういった理由で人気なのか、どういったセールスをしているかを研究することで自分も学んで実践していくことができます。
人気な株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)にはそれだけの理由があると考えられす。
また、株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)は先程記述したように制作者に質問できるものもありますが、コミュニティに参加できることも株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)の購入する大きなメリットとなります。一人でずっとやっていると時にはやる気が低迷してしまったりしてしまうこともあるかもしれません。コミュニティがあれば競争心が芽生えたり、相談し会えたりすることができます。
株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を購入することはどういった内容なのか最初は不安な気持ちだったり、高額であればためらうこともあるでしょう。ただ、株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)にはそれだけのメリットがあり、金額以上のものが得られると思います。しっかりと選択して購入していきましょう。